美しき日本の面影  その10 祈りの旅と祭り

 


  
 
  

左 富士吉田 登山口 明治初め頃    右 中宮八幡堂 明治35年頃

  


  

 

富士山に登る富士講の人々



富士山頂から見る夕日  H・G・ポンティング 撮影

「火口壁の縁に沿って歩き始めると、年取って皺だらけの老婆が、歩きにくい火山礫の上をゆっくり歩いているのに出会った。挨拶を交わした後で、「お婆さん」はもう七十を越えていて、
頂上まで登るのに七日かかったという話をした。(略)彼女は経てきた試練に少しも怯まず、途中で死ぬようなことがないかぎり、心に決めた使命を達成しようと固く決意して、
一歩一歩足を踏みしめて進むのであった。 H・G・ポンティング著 この世の楽園・日本 より




左 箱根神社      右 芦ノ湖畔の地蔵菩薩像 ベアト撮影

    

左  巡礼の女性たち      右   お地蔵様に石を積む女性

 

 
 
 

左 神社の鳥居の中の子供達  右 ロバート・フレデリック・ブラム 目黒不動 

   

 左 奉納の舞楽を舞う神官     右 舞楽を舞う 子供

 

左  横浜の祭りの山車  右 博多 山笠 明治5年

 

  

左 明治時代の祇園祭         右  唐津 くんち

心だに 誠の道に かないなば 祈らずとても 神や守らん   菅原道真 公


その11 生類との暮らし へ

inserted by FC2 system